カードローンとキャッシングの違いはあるの?

キャッシングとカードローンは、どちらもカードを使って、ATM等でお金を借りることができるために、同じような意味でつかわれることも多いのですが、本来は違うものです。キャッシングとは、本来の意味はお金を引き出す行為のことを言います。
即ち、ATMやCD機からお金を引き出すことを言うのです。勿論、自分の預金口座などから自分のお金を引き出す行為も、広義では含まれていますが、お金を借りる場合のことを考えれば、銀行などの金融機関と契約をして専用のカードを作り、そのカードを使ってお金を引き出したり、或いはキャッシュカードやクレジットカードを利用してお金を引き出すことを意味します。
つまり、お金を引き出すと言っても、自分のお金ではなくて借金をしていることになるのです。
また、その借金を返済する場合には、翌月一括払いが基本ですが、最近ではリボ払いや分割払いができる金融機関も増えてきました。そのため、ますますカードローンとの違いが分かりにくくなっているのです。
カードローンのローンと言うのは、本来は資金の貸付行為のことを意味します。
一般的にローンと言うのは、自動車ローンや住宅ローンなど、金融機関が融資したお金の使い道が限定されていて、ある程度まとまった額のお金を借りることが多いので、返済は一括ではなくて、分割払いやリボ払いで長期間かけて返済していきます。
カードローンは、そのようなローンの中でも、使い道を限定しなくて、カードを使ってお金を借りられるように利便性を高めた金融商品です。
そのため、お金を借りる際にはカードを使ってATMやCD機で借りるという点ではキャッシングと似ていますが、ある程度まとまったお金を借りることができるようになっていて、返済方法は基本的に分割払いやリボ払いとなります。
両者は、このように成り立ちは違っても、現在ではほぼ同じような金融商品なのですが、それでも大きな違いがあります。
それは金利です。カードローンは、基本的には分割払いやリボ払いが前提となっており、その金利は10%台です。
これは、金融機関が長期にわたって高い利息収入を得ることができるようになっているためです。一方のキャッシングは、分割払いやリボ払いもあるものの、基本的には翌月一括払いであり、融資している期間が短いために、20%台の高い金利がつけられていることが多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>